生前に戒名を決める際の注意点と、値段の相場について【FP監修】

仏様

亡くなってからではなく、生前に戒名を決められると聞いたけど、どうすればよいのか分からない。

生前に戒名を決めるメリットはあるのか?

生前に戒名を決める値段や相場が知りたい。

そんな悩みを解決します。

亡くなったらお葬式をあげ、お墓に入ることの多い日本人にとって、生前に戒名を決めることは、多くの人にとって無関係ではありません。

しかし、その選び方や値段については、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、生前に戒名を決める際の注意点や、値段の相場について解説します。

解説する私は、健康に生きて来ましたが、40代で突然がんになりました。

人生はいつ何があるかわからないし、誰にも寿命は分かりません。

病気でそれを思い知った私は、残される家族のために終活について調べ考えています。

闘病中にFP(ファイナンシャルプランニング技能士)資格に合格した、日本FP協会認定AFPの私が、生前戒名に悩む方をサポートします。

最後までお付き合いください。

生前に戒名を決める意味と、その効果

人生の意味

生前に戒名を決める意味については、故人がその人らしさを残し、亡くなった後も尊重されることが挙げられます。

また、生前に戒名を決めることで、自分の死に対する準備や、家族や友人に対する心配を軽減することができます。

下記に詳細に解説していきます。

故人のその人らしさを残し、尊重されること

故人らしさを尊重する

 生前に戒名を決めることで、故人がその人らしさを反映した名前を残し、亡くなった後も尊重されることができます。

自分の死に対する準備

家族

生前に戒名を決めることで、自分の死に対する準備をすることができます。

また、死後の手続きがスムーズに進むため、家族や友人に対する心配を軽減することができます。

家族や友人にも効果がある

話し合う

生前に戒名を決めることで、家族や友人に対する心配を軽減することができます。

戒名を決める際には、家族や友人と協議することができ、その過程で意見を交換することができます。

また、故人が生前に決めた戒名を知ることで、家族や友人が故人を尊重することができます。

戒名を決めることで得られるメリット

メリット
  • 故人のその人らしさを反映した名前を残すことができる
  • 自分の死に対する準備をすることができる
  • 家族や友人に対する心配を軽減することができる
  • 家族や友人が故人を尊重することができる

生前に戒名を選ぶデメリット

デメリット

デメリットとしては、戒名を選ぶことが難しいことや、費用がかかることが挙げられます。

戒名の種類と選び方

戒名卒塔婆

戒名には、「法名(ほうみょう)」と「諱名(いみょう)」があります。

法名は、仏教の宗派によって異なるものであり、寺院によっても変わる場合があります。

一方、諱名は、生前に名乗っていた名前を改めたもので、本名と同じくらい重要な意味を持ちます。

戒名を選ぶ時の注意点

注意点

戒名を選ぶ際には、以下の点に注意してください。

  • 寺院や宗派によって、戒名の種類や付け方が異なる場合があるので、予め確認すること。
  • 自分の人生観や思想に合った戒名を選ぶこと。
  • 家族や友人と相談し、協議のうえで決めること。

戒名の値段の相場

住職にお布施

戒名の値段には、寺院や宗派、選ぶ戒名の種類や文字数、書き手の技量などによって、大きな差があります。

一般的に、仏教系の葬儀社で取り扱っている戒名の相場は、以下のようになっています。

  • 法名の場合:10,000円~50,000円程度
  • 諱名の場合:20,000円~100,000円程度

ただし、これはあくまで一般的な相場であり、地域や寺院によっては、値段が大幅に異なる場合があります。

仏教寺院や僧侶から戒名を選ぶ場合、数千円から数万円の範囲内で選べることが多いです。

また、戒名を作成する書き手によ っても値段が変わる場合があるため、事前に相場や作成者の情報を調べることが大切です。

生前戒名相談リンク↓

ランクに関係なく戒名授与は3万円

戒名を書道家に書いてもらう時の注意点

書道家

書道家に依頼して手書きの戒名を作成する場合は、数十万円以上の費用がかかることもあります。

しかし、費用が高額であるからといって、必ずしも良い戒名になるとは限りません

戒名は、その人の人生や信仰に基づいて選ぶことが重要であり、費用よりも意味や選び方に重点を置くことが望ましいです。

戒名の意味の例

意味を調べる

戒名は、その人の人生や信仰を表現するために、多くの意味を持っています。以下は、一例です。

  • 清閑:穏やかな心を持ち、平和な生活を送ることができる人
  • 自在:自由自在に行動し、自分の意志を実現できる人
  • 慈悲:人を思いやり、心から愛することができる人
  • 真実:真実を追求し、人生を誠実に生きることができる人

戒名の選び方のポイント

選ぶポイント

戒名を選ぶ際には、以下のポイントに注意することが望ましいです。

  • 自分自身の信仰や人生観に基づいて選ぶこと
  • 専門家である僧侶や書道家に相談すること
  • 何度も考えて決めること
  • 費用よりも意味や選び方に重点を置くこと

戒名とは何か?

戒名とは、仏教徒が死後に授かる仏教的な名前のことです。

戒名は、その人の人生を称え、死後の世界においても尊重されるために非常に大切なものです。

戒名には、その人の人格や思想を表現するための意味が込められており、戒名はその人の人生や信仰を表現するために多くの意味を持っています。

生前に戒名についてのまとめ

生前戒名で幸せの四つ葉のクローバー発見

生前に戒名を考えることは、多くの人にとって重要な問題です。

戒名は、その人の人生を称え、死後の世界においても尊重されるために非常に大切なものです

戒名の選び方や意味、費用について、この記事では詳しく解説しました。

自分自身の信仰や人生観に基づいて選び、専門家のアドバイスを受けながら何度も考えて決めることが、良い戒名を選ぶためのポイントです。

人生は、突然なにが起きるか誰にもわかりません。

私のように、健康だったのに40代で突然、がんのような病になることもあります。

未来は予測できないものです。

残される家族のために、思い立った今、行動を起こしましょう。

家族のためにもなり、自分の後悔も減らすことにもつながりますよ。

後悔のない終わりを迎えられるのを願っています。

生前戒名でお悩みの方のためのリンク↓

戒名と法要のかけこみ寺

命の終わりに向けて、自分らしい戒名を決めることは、誰にとっても大切なことです。

しかし、どのようにして選べばよいか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方にオススメなのが、『本住院』のサイトです。

こちらのサイトでは、寺院や宗派、価格帯など、様々な条件に合わせて選べる戒名が豊富に揃っています。

また、戒名選びのポイントや相場情報など、参考になる情報も満載。

大切な方のために、心を込めた戒名を選ぶ際には、ぜひ『本住院』のサイトを活用してみてはいかがでしょうか。

生前戒名の駆け込み寺『本住院』リンク↓

いつまでも大切にしたい家族のために、戒名授与

関連記事リンク→生前贈与メリットと注意事項。不要相続対策と損をしない贈与税の知識

関連記事リンク→生前にお墓を探して購入する【知らなきゃ損】メリットとデメリット

関連記事リンク→【がん経験FP監修】生前にお墓探しをする時の人気サイト3選

関連記事リンク→生前に自分にぴったりの戒名を選ぶ方法【がん経験者FP解説】

コメント一覧表示